Free & EASY recipe

Ghost Meringue

秋の一大イベントのハロウィン。仮想やTrick or Treatは、楽しんだかな?もっともっとハロウィンを楽しみたいなら、1つ何かにフォーカスをしてみるのもおすすめ。例えば、「目」。おばけの目って不思議だよね。1つだったり、3つだったり。そんな目にフォーカスをした楽しくて可愛いお菓子。ヨーロッパの子供達が大好きな真っ白メレンゲに目をつけてみたよ。Happy Halloween!

 

Ingredients

卵白1個分、グラニュー糖50g、塩ひとつまみ、アイシングの目

 

Recipe

ボウルで卵白のコシをとり、白っぽくなるまで泡立てます。スプーン1杯分のグラニュー糖を入れて攪拌。ハンドミキサーを使ってしっかりと泡立てたら、残りのグラニュー糖の半分を加えます。さらに攪拌をして、すべてのグラニュー糖を加えしっかりとしたメレンゲを作ります。天板にクッキングシートをしき、スプーンでメレンゲをすくって並べ、アイシングでできた目を自由につけます。100度のオーブンで1時間半。さくさくっとした美味しいメレンゲの出来上がり!

ボナペティ!


Petal Flower Cake

春先から春にかけて、すみれのエディブルフラワーが一斉に出回ります。パープル、ブルー、オレンジー、ホワイト、ピンク...と色も豊富。すみれそのものもとても可愛らしいお花だけど、花びらを並べてもまたいい表情が出るのです。子供の頃、花びらを1枚1枚とってみるのが楽しかったみたいに、そんな記憶をも辿りながら、子供たちと一緒に作れる優しいケーキです。

 

Ingredients

スポンジケーキ(5号)、生クリーム200cc、砂糖10g、エディブルフラワー(すみれ)適量

 

Recipe

市販のスポンジケーキ(もちろん、手作りなら尚更美味しい!)に、ホイップした生クリームでナッペをします。生クリームは、氷水にあてながら、砂糖を加えて固めにホイップします。ナッペをしたケーキの周りを、エディブルフラワー(すみれ)とその花びらを使って、自由に並べてみましょう。ただ、ただ、お好きに並べるだけ。それだけで、とっても美味しそうなケーキになりますよ。

ボナペティ!


Hot chocolate bars

寒い朝、温かい飲み物の入ったマグを両手で抱える至福のひと時。体をポッと温めてくれるホットチョコレートを飲めば、ついつい表情もほころびそう。温かくてほんのり甘〜いホットチョコレートは、子供にも大人にも大人気。だから、ちょっとした遊び心をプラスして楽しくオシャレにいただきましょう。

 

Ingredients

クーベルチュールチョコレート(ミルク、ビターお好みで) 100g、カカオニブやシナモン、エディブルフラワー 適量

 

Recipe

小さなチョコレート型(カヌレ型など)を用意。クーベルチュールチョコレートをボウルに入れて湯煎にかけ、50度まで温めたら湯煎を外しスパチュラで混ぜながら30度に下げます。型にチョコレートを流し入れ、カカオニブ、シナモンをお好みで振りかけて。木製・プラスチック製のオシャレなスプーンを刺して、冷蔵庫へ。この時、エディブルフラワーをお好みで添えても可愛く仕上がります。固まったチョコレートを型から取り外し、温かいミルクに入れてくるくる混ぜたら、ほうら美味しいホットチョコレートの出来上がり!ボナペティ!

 

*トッピングを選んで楽しめる、楽しく美味しい時間になりそう。


Scoop cake

ナッペの必要がない、とっても簡単で可愛いレシピ。その名も、「スコップケーキ」。大きめのスプーンで、スクープしながらとりわけられる大皿のパーティーレシピです。好きなフルーツをスライスして、切った側面を見せながら配置すればフォトジェニックな仕上がりに。子供の好きなフルーツを好きなだけ敷き詰めて。春のお祝いシーズンに向けて、子供と一緒に楽しく作れるケーキですね

 

Ingredients

生クリーム 200g、グラニュー糖 10g、好きなフルーツ 適量、スポンジケーキ 1台(お皿の大きさに合わせて)、ハーブやエディブルフラワー 適量

 

Recipe

大皿に、四角にカットしたスポンジケーキを敷き詰めます。その上に、生クリーム200gとグラニュー糖10gでホイップしたクリームをスプーンの背を使って広げましょう。フルーツをスライスして、ケーキの上に好きなだけ、敷き詰めます。空いている箇所にも、隙間なくハーブやエディブルフラワーで飾ると贅沢!簡単な工程なのに、見た目も華やかお客様も喜びます。ボナペティ!

 

*季節のフルーツで、楽しんでみてください。


Colorful chocolate pops

ちょっとしたおもてなし、パーティーシーンに欠かせないお茶菓子。それも、かわいくて美味しくて話題になるもの。いつかのお茶時間のあのお菓子が、なぜか記憶に残っている...。そんな、思い出にもなれそうなチョコレートポップ。子供たちも大好きなチョコレート菓子を、ヘルシーなオートミールを使って楽しく表現。ざっくりと歯ごたえのある食感が、少量でも満足感あるものに。混ぜて固めるだけの作り方も簡単。お気に入りのスプリンクルをつければ子供だって楽しめるレシピです。

 

Ingredients

バター60g、てんさい糖20g、ココア45g、オートミール45g、スポンジケーキクラム90g、バニラオイル少々

 

Recipe

ボウルに、てんさい糖、ココアを混ぜ合わせたら、常温に戻したバターを加えて混ぜます。ケーキクラムとオートミールを加えてさらに混ぜ、最後にバニラオイルを加えて一口大にまとめます。仕上げに、お気に入りのスプリンクルをまぶしたら出来上がり!ボナペティ! 

*ケーキクラムは、チョコレートスポンジ、プレーンなど、市販のものでも十分に美味しくいただけます。

*スプリンクルをお抹茶、ココナッツに代えるだけで、さらに大人っぽいお茶菓子としてもお楽しみいただけます。


Whole wheat flour crapes

朝食にブランチにランチにティータイムにデザートに、いつだって愛おしいクレープ。大人になると、甘ったるいのはご遠慮だけど、ヘルシーでシンプルなクレープはいただきたい。全粒粉と蜂蜜とナッツ、そして大好きなフルーツと。それだけで、すっかりパリジェンヌ気分。子どもたちには、クリームチーズやホイップ、チョコレートを添えれば、自らデコレーションして食べてくれるから作る方もあな嬉し。季節のフルーツと召し上がれ

 

Ingredients

全粒粉100g、卵2個、グラニュー糖10g、牛乳250cc、蜂蜜、ナッツ、フルーツお好みで

 

Recipe

ボウルに全粒粉、グラニュー糖を合わせ、卵を入れて混ぜます。さらに、牛乳を加えて混ぜたら、熱したフライパンに薄く広げて両面を焼きます。おたまの背を上手に使います。1枚ずつ焼けたら、4つ折りにして好きなトッピングと一緒にいただきます。ボナペティ!


Simple kiwi & orange Solbet

食材そのものの味をぎゅ〜っと凝縮していただきたい!そんなわがままな気持ちをレシピにしたのが、Simple kiwi & orange solbet。フルーツの持つ糖分、酸味、濃厚な食感はそのままに、舌触りの良いソルベになってティータイムや食後のお口直しに笑顔を運んでくれます。素朴で何も飾らないレシピだけれど、ついつい繰り返し食べちゃうのは、フルーツとそれを囲む友人や家族のおかげ。食卓を囲むみんなの顔を見ながら、このシンプルソルベに、にんまりと感謝したくなる。ああ、いつもそばにいてほしい、等身大でどこか懐かしいお味のソルベよ。

 

 

Ingredients

キウイ4個、レモン1/4個、タイム1本、グラニュー糖50g、ドライオレンジ適量

 

Recipe

鍋にスライスしたキウイ、レモンの上にグラニュー糖をふりしばらくおきます。フルーツの水分が出てきたところで、タイムを入れて弱火にかけます。木ベラで筋が描ける状態になったら火を止め、粗熱をとります。バットに流し冷凍庫へ。2〜3時間したらフォークでかき混ぜる。これを2~3回繰り返したら完成。ドライオレンジのスライスを添えて、召し上がれ。

ボナペティ!


Rheum & Framboise Gradation Solbet 

マーケットに、ルビー色の美味しいルバーブが並ぶ季節。旬のフルーツを使って甘みと美味しさを凝縮したソルベはいかが?ルバーブとフランボワーズの果肉をじっくりと引き出して、シロップを使わない100%丸ごとソルベが私の大好物。グラデーションソルベもお楽しみに

 

Ingredients

ルバーブ1本、フランボワーズ50g、グラニュー糖80g、レモン1/4個

 

Recipe

ルバーブとフランボワーズ、グラニュー糖40g、スライスしたレモンを鍋に入れます。火にかけジャム状にしたら、冷まして冷凍庫へ。3時間ごとに取り出してかき混ぜソルベにします。別の鍋で水120ccとグラニュー糖40gのシロップを作り、好みに合わせてソルベに加えると糖度の違うグラデーションソルベも楽しめますボナペティ!